〜 重陽の節句 〜重陽・迎え花重陽・床

今年は8月のお盆過ぎから 毎日のように台風がやって来て、災害の絶え間のない秋の始まりとなってしまいました。ただ、幸いにも私共が住む新潟県は運よくというか、今のところ大きな被害を受けずに過ごしていられることを、 心から感謝しております。台風一過で良かった事といったら、夏の暑さが一気に駆け抜けて 秋へと移ってきた事くらいでしょうか。少し秋めいてきた9月10日、小柳茶道教室では “ 重陽の節句 ” のお茶事をさせていただきました。 重陽の節句の翌日ではありましたが、節句当日の9日があまり良い天気ではなかったこともあり、良い日にち選びだったのではないかとホッとしております。外はまだ秋本番とはいきませんが、せめて部屋の中だけは秋らしい室礼をと思いながら、用意させてもらいました。

重陽・席の風景 茶事の様子 T

春に我が家では不幸があったこともあり、当教室ではお正月の初釜以来 今回のようなきちんとしたお茶事は久しぶりでした。私もそうでしたが、生徒さんたちにとっても楽しみにしていた茶事だったのではないかと想像しています。 その気持ちに答えられるよう、出来る限り秋らしい風情をつくり生徒さんたちを迎えたいと、秋草を生けながら室礼を用意いたしました。健康と長寿を祈る重陽の節句にあやかり、これからも長く元気で楽しみながら 生徒さんたちとお茶のお稽古に励んでいけたら良いと願っています。 お茶の道は一生ものですが、そこはこの秋の穏やかな日和のように、ゆっくりと一歩ずつ前に進んでいきたいと思っています。

 茶事の様子 U重陽・干菓子重陽・主菓子

お菓子は、主菓子には “ 芋練り ” (大和屋 謹製)にいたしました。これは安納芋(サツマイモ)を使ったお菓子ですが、形が 茶道では切っても切り離せない陶芸で、土を練る時の形 “ 菊練り ” に似ていて、菊の花を連想させるのが気に入って使いました。 干菓子には “ 菊花せんべい ” (諸江屋 謹製)と、板あめ “ 羽一衣 〜はねひとえ〜 ” (ameya Eitaro 謹製)を使いました。菊のないこの季節に甘い大輪の花を咲かせてもらい、またミントの爽やかさで秋の風を添えてもらいました。 来週は中秋の名月・十五夜です。芋名月には少しだけ早いですが、重陽らしく楽しさも2重でこれも一興と喜んでもらえたら、と期待しております。[右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.