〜 初釜 〜初釜・床

新しい年となり 皆様におかれましては、どのようにお過ごしですか。私たちの住む新潟県加茂市では、昨年来の天気予報が良い方に外れ、雪の少ないお正月を迎えることが出来ました。 加えて、本当に一時のことでしたが、元旦のご来光を拝むことができ、良い一年の始まりと喜んでおります。寒に入っても穏やかな冬であったのもつかの間、小柳茶道教室が 「 初釜 」 を開かせていただいた 1月11日・鏡開きの朝は、前日の夜から雪が降り積もった上にまだ降り続くという、まさに雪国新潟そのもので<寒中>を実感するとても寒い一日となりました。 そんな天候の中でも集まってくれた生徒さんたちと共に、まだ現実には程遠い春を部屋の中に引き入れて、今年のお稽古を始めさせていただきました。


初釜・濃茶点前初釜・薄茶点前 茶事の様子 T

初釜は毎年必ず催すものではありますが、年が改まるのと同じように、その年ごとに室礼も変わり、私たちの心持も新たにして始める大事な茶事です。 特に今年は昨年秋より生徒さんたちが、それぞれに努力を重ね準備を手伝ってくれているので、新鮮な驚きと喜びを感じております。濃茶・薄茶の点前が終わり、恒例の福引をして点心をいただきながらの会話は、 少しだけ緊張の解けた楽しいものになっていたのではと思います。生徒さんたちには、自分なりに出来たところは次に活かせるように努力し、足りないところは少しでも補えるようお稽古に励んでもらいたいと自戒を込めて考えております。

 茶事の様子 U初釜・お菓子

お菓子は、主菓子には 干支 「午」 より “ 左馬 ” という菓子(大和屋 謹製)を使い、 干菓子には今年の歌会始のお題である「静」にちなんで ” 二人静 ” という菓子(両口屋是清 謹製)を使わせていただきました。 また干菓子には新潟県新発田市で作られているお菓子で、文字通り 「 一富士・二鷹・三茄子 」 にちなんだ干菓子ナスの砂糖漬け ” 初夢 ” を添えさせていただきました。主菓子の<左馬>は 福を招く縁起の良い文字で、諸説あるようですが基本的に馬は右から乗ると転び 左から乗ると倒れずにすむということから、人生を難なく過ごすことが出来るとされているようです。ぜひ 皆様と一緒にあやかりたいと思います。どうか今年が良い年でありますよう、また精進していきたいと思っております。 [右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.