〜 重陽の節句 〜迎え花重陽・床

残暑厳しき折、皆様は体調を崩してなどおられませんか。猛暑と呼ぶのに相応しい夏の暑さが、やっと9月に入り ひと雨ごとにおさまっていき、朝晩は少しだけ季節の変化 ” 秋 ” を感じられるようになりました。 さて小柳茶道教室では、まだ昼は暑さが残る中 ” 重陽の節句 ” のお茶事をさせていただきました。秋の気配もやっとこれからという気もいたしますが、そんな中でも秋最初の茶事の風情を感じてもらえるよう、 菊の花々や秋の草花に生徒さん達を迎え入れる思いを込めて生けました。

重陽・お点前 茶事の様子 T

来月に入ると色々な所で ” 菊祭り ” が始まりますが、重陽はまさに菊祭りで、菊は昔から不老長寿の妙薬とされていて、平安時代には菊酒を飲んだり菊を色々な料理にして食べて無病息災を願い菊を愛でた節句です。 そんな優雅な時代のようにはいきませんが ” 茶道 ” はまわりの事すべてに気をめぐらすことが出来てこそ真にその深さを楽しむことが出来るものなので、些細なことにも風流を見い出していた平安貴族と通じるものがあると感じます。 生徒さん達には、少しでも多く茶道を楽しめるように頑張って欲しいと思います。

 茶事の様子 U重陽・お菓子

お菓子は、主菓子には ” 重陽・菊づくし”(三英堂 謹製)を使い、菊の少ない今の重陽に綺麗な色とりどりの花を添えてもらいました。干菓子には菊の香りの変わりに 清々しい柚子の香りと、シャリシャリとした歯ざわりの錦玉で出来た ” ゆう玉 ”(茜庵 謹製)を使いました。まだ暑いこの時期に、品の良い香りで爽やかさを届けてくれました。 これから深まってゆく秋に思いを馳せながらお茶を楽しませてもらいましたが、明後日 重陽の節句当日は小柳茶道教室の生徒さん達と共に、新潟市にあるホテル イタリア軒の中の「画廊イタリア軒」にて 〜八世 高橋道八 遺作展〜の添え釜をさせていただくことになっておりますので、お時間がございましたら皆様お誘い合わせのうえ遊びにお越しくださいませ。お待ちしております。 [右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.