〜 雪椿茶会 〜雪椿茶会・床

昨年末から続いた長く厳しい冬がやっと終わりを告げ  暖かさを増してきた4月29日、小柳茶道教室では  新潟県加茂市主催で毎年 「 雪椿まつり 」 と併せて開催されている 第三十六回 雪椿市民茶会に参加させていただきました。 今年は東北大震災の為中止になった昨年の思いを受け継ぎ2年ぶりの開催となりました。私たちは今回 加茂山にある青海神社拝殿の御席を持たせていただきましたが ” 拝殿 ” という特別な場所での御席でもあり、身の引き締まる思いを感じつつも  2年ぶりの茶席を皆様に楽しんでいただけるよう務めさせていただきました。



雪椿茶会・御礼 茶会の様子 T

一昨年とは違い最初から室内でのお茶席ということで 席の室礼には直接関係はない空模様ですが、それでもつい先日までの天候の変化の大きさに 当日の天気を心配しておりました。 それが予想外なほどの晴天となり 汗ばむほどの陽気に「 天の恵み 」と喜んでおりました。また そのせいもあり お客様の出足が良く、茶席は予定より早めに始めさせていただいたほどで 嬉しく思っております。 慣れない場所での茶会に行き届かない事も多く、皆様にはご迷惑もお掛けしたと思っておりますが、これも生徒さん達が上達するには大きな経験と ご容赦いただきたく存じます。そしてこの経験を糧に、日々のお稽古に励んで欲しいと願っております。

 茶会の様子 U雪椿茶会・お菓子

今回 主菓子の銘は ” くさなぎ ” とつけ、加茂市の「玉川屋」菓子店製作のものを使いました。今年は 「 古事記 」 が編纂されてから千三百年ということで、 ヤマタノオロチの物語に出てくる三種の神器の一つで 現在は熱田神宮の御神体として祀られていると言われている ” 天叢雲剣〜あめのむらくものつるぎ ” の別称である < 草薙剣 > から銘をいただきました。 そして天叢雲剣の字の中から 『 雲 』 の一字を形のイメージとし、草薙剣からはこの季節に相応しい新芽の色合いを取り入れて作ってもらいました。 新緑が目に眩しい季節の風情を 茶席で少しでも感じていただけたらと思っております。 [右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.