義士茶会義士茶会・床

今年はいつもと違い新潟でも暖かい12月になりましたが、皆様の所ではいかがでしょうか。そんな中 小柳茶道教室では今年も<義士茶会>を開かせていただきました。例年であれば小雪が舞っている時期だと思うと不思議でなりませんが、 それでも気持ちだけは”元禄”へ向かわせたいと考えて室礼をいたしました。昨年のこのページでも書きましたが、義士茶会は当教室で教えている「宗へん流」にとって、もっとも重要な茶事のひとつです。 毎年同じように繰り返される茶事であればあるほど、一年を締めくくる大切な行事として 心新たにのぞみたいと思い茶会を催しました。

義士茶会・お点前 茶会の様子 T

生徒さんたちにとっても 義士茶会は年末を告げる楽しい行事の一つではないかと想像しておりますが、 まずは背筋を伸ばして、討ち入りで亡くなった方々のことを思いつつ お点前のお稽古をしたいと思います。茶道では一服のお茶の前には立場も年齢も関係なく、ただ無心に茶を点てて頂くことを楽しむという教えがあります。 吉良側も浅野側も一服のお茶の前には同じであるという考えのもと、御冥福を祈りつつ義士茶会を進めさせていただきました。


 茶会の様子 U義士茶会・お菓子

お菓子は、主菓子には季節の香りの”柚子饅頭”(扇屋善吉 謹製)を、干菓子には討ち入りの夜の寒さを思わせる銘のついた”霜ばしら”(九重本舗 玉澤  謹製)この繊細な飴のお菓子の品の良い甘さが、 冷たさを感じさせる名前とは違い心を暖めてくれました。そしてかたいのはここまでとして、義士茶会の締めくくりである恒例のお蕎麦を皆でいただきました。今年も吉凶色々なことがあったことを思い出しつつ、もうすぐ迎える新しい年に好い事がありますよう願っています。 [右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.