〜 重陽の節句 〜迎え花

慌ただしく8月が過ぎ 少し落ち着きを取り戻した9月の初め、小柳茶道教室では”重陽の節句”のお茶事をいたしました。まだ日中は暑さが残っていますが、 そろそろ朝晩は涼しくなってきたようです。それでも外はまだ秋というには早く そんな中でも初秋を感じてもらいたいと思い、玄関には一足早い秋の景色を”迎え花”として生けてみました。 今年は重陽の節句と十五夜が近いので 余計に室礼に違いをもたせたいと思って、花も尾花ではなく菊を多めに生けました。玄関に足を一歩踏み入れた時から秋の茶事が始まっている、そう感じてもらえればと思います。 [右の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます]

お点前 茶事の様子 T

重陽は五節句の一つで、他の4つと共に元々は中国から伝わったものです。陰陽思想では奇数は陽の数字として縁起が良いとされており、その中でも最大の<九>が重なるこの日は重んじられてきました。 またこの日は「菊の節句」とも呼ばれていて、確かに旧暦の重陽は10月の半ば辺りなので 菊も盛りで美しく咲いていただろうと想像できます(今年の旧暦の重陽は10月7日です)現在の九月九日は菊の盛りにはまだ早く、 そのせいか重陽は他の節句より影が薄くなっているような気がします。せめてお茶事の中だけでも重陽の節句を楽しく過ごしたいと思っています。

 茶事の様子 Uお菓子

お菓子は、主菓子には源氏物語の千年紀にちなみ源氏香の印が押され 銘を”香合せ”という薯蕷饅頭(大和屋 謹製)を使い、 干菓子には大輪の菊の花を映して生姜の匂いが爽やかさを感じさせる”菊花せんべい”(諸江屋 謹製)を使いました。どちらも平安時代の貴族達の 優雅な重陽の節句を思い浮かばせてくれる そんな美しく美味しいお菓子でしたが、特に菊花せんべいは 菊の盛りがまだというこの時期に 文字通り花を添えてくれて、菊の香が香るようでした。

正客 高校総合文化祭・合同茶会 

まだ酷暑の只中である8月5日に「高等学校総合文化祭・合同茶会」は開催されました。お席は、第一席は表千家をお稽古している高田北城高校、第二席は裏千家をお稽古している高田農業高校と新井高校が合同で席主を務められました。 私が講師を務める加茂高校茶道部では、昨年今年と2年続けて正客として参加させていただきました。写真は第二席の時のものですが、2年続けて勤めさせていただいたといっても生徒達は毎年送り送るものですので いつも初めてと同じです。普段のお稽古とは違い緊張したとは思いますが、それでもなんとか無事に出来たようです。また迎えていただいたお席も、夏の暑さを少しでも和らげようと心配りがされた良いお席でした。 生徒達にはこの後の秋の文化祭に ぜひこの経験を活かして欲しいと思っています。

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.