〜桃の節句・雛祭り〜雛祭り

冬から春へと季節も変わり、可愛らしい雛人形達と一緒にお茶をいただく”桃の節句”の時期となりました。 今年は我が家の梅は早くも満開となり、いつになく暖かい雛祭りを迎えさせてもらっています。例年新潟の3月といえば、 やっと雪が消えそろそろ春を感じ始めるくらいなので「もうすぐ桜も咲く頃」と思われる地方の方とは少し季節感が違うかもしれませんが、 雪国に住む者としてこの暖かさはうれしいばかりです。きっと旧暦の弥生・3月3日はちょうど桃の花が咲いて、心浮き立つ良い季節だったのではないかと想像しつつ、 特に女性にとっては春一番の華やかな雛祭りを、今の私たちも楽しみたいと思っています。


お点前

 茶事の様子 T

今年は小柳茶道教室に通われている生徒さん達のほかに、加茂高校の茶道部の生徒達も”桃の節句”の茶事に参加しました。 普段なかなか教室の方でお稽古をする機会のない高校生達にとっては、いつもよりは新鮮で少しだけ緊張感のあるお稽古が出来たのではないでしょうか。 それと、高校の作法室では見られない部屋の室礼などもあり楽しかったようです。


 茶事の様子 Uお菓子

雛祭りのお菓子には色々な種類がありますが、今回は主菓子は2色の”ひちぎり”で内裏雛を作り、お干菓子の変わりには数種類の雛あられを使いました。 それと、古事にならって「白酒に桃の花びら」ではありませんが、桜の花が入りほんのり桜色をした甘酒”桜”を少し早い春の香りと共にお出ししました。 まだ「春は名のみ」ですが、心は童心に帰り暖かくなったのではと思っています。

新潟県加茂市新栄町10-34

Copyright (C) 2006 Oyanagi green tea & flower club All Rights Reserved.